リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

イベント

2015年10月11日 (日)

ロボコン2015中国地区大会

10月11日の日曜日、となり町のホールで高等専門学校ロボットコンテストの中国地区大会が開催されたので、見に行ってきました。

場所は広島県呉市にある呉市総合体育館(オークアリーナ)で、バスで30分ほどの場所なので行くことができました

 

オークアリーナです。

P1030470


開場は正午、開演は午後1時ですが、実は9月の初頭に往復はがきで観覧希望の申し込みをしており、承認の通知ハガキが届いていたのでそれを持参して入館しました。

高専ロボットコンテストは毎年NHKで放送されているのでご存じの方も多いでしょうし、今回の中国地区大会ももちろんNHKによる収録と後日放送もされます。

会場内の様子です。

P1030471


 

P1030473


 

対決が行われるステージです。

P1030472_3


今年のロボコンの競技は「輪投げ」です。

低いポールが各チーム側に3本、真ん中に高いポールが3本立っていて、高いポールの1本は一回り太くなっています。

試合は2校ずつによる対戦で、ロボットによって輪を投げ各ポールに入る毎に1点、全てのポールに輪が入れば満点の9点になります。

輪をロボットにセットする準備時間は1分、対戦時間は3分間で相手より先に9点を取るか3分後に得点が多いほうが勝利となります。

同点の場合は審査員による判定となります。

輪っかはゴムホースで作り、その大きさは自由ですが輪の総重量が確か9Kg以内という規定があったかな。

一度にロボットにセットする輪の数はチームごとで異なりますが、概ね十数本から多いチームは30本ぐらいセットするようです。

 

出場校は中国地方の8校で各校A、B2チームの全16チームでトーナメント形式で対戦します。

P1030476

 

地方大会と言え一応TVで放送されるので、NHK広島放送局のアナウンサー2人の司会により進行します。

P1030475

TV収録前のお約束として開演15分ぐらい前から拍手の仕方とか試合スタート時の秒読み掛け声などの練習がありました

 

いよいよ試合スタートです。

赤チーム青チームに別れお互いに輪を飛ばしあいポールを狙います

各校様々なアイデアで輪を飛ばし、輪がポールに入ると観客も拍手喝采です。

ロボットはリモコンにより車輪でステージ上を前後左右に動きます。

P1030480_3


この画像では手前のポールに青チームの輪が入っているので青いランプが点いています。

赤チームの輪が入れば赤のランプも点灯します。

青い輪が飛んでいるのも見ることができます。

 

 

その中でも輪をポールに入れるのが観客の誰もが驚嘆するほど早いチームがありました。

本当に申し訳なくも何の記録もとってなかったのでチーム名は覚えてないのですが、開始数秒で自チーム側のポール3本全てに輪を入れ、その後相手チーム側の3本のポールと真ん中の高いポールにもあっという間に入れてしまいました。

その結果がこれです。

P1030481

そしてこのチームのロボットは準決勝では更に時間を短縮しました。

P1030489


驚きの結果です。

P1030491


距離が少し遠かったので僕の目ではどのような方法で輪を飛ばしていたのかよく分からなかったのですが、早く正確なのは確かでした。

(もしかして今ブログでこんなことを公開して、後の競技に支障が出るってことないだろうなぁ・・・

 

しかし他のチームも押し出し方式とか放り投げ方式とか遠心力方式とか様々なアイデアを駆使して輪を飛ばし、本当にそのアイデア力には関心しました。

どのチームも本当にすごい技術です。

今回の地区大会で惜しくも敗退されたチームも本当にすごかったです。

ご苦労様でした。

 

この地区大会での優勝チームと審査員の推薦チーム2校の3校が全国大会に行きます。

ぜひ頑張ってもらいたいです

 

なおこの中国地区大会の様子は平成27年11月15日(日) 午前11時00分~11時54分のNHK総合テレビで放送予定ですので視聴できる方は観てみて下さい。

(ただしこの大会の放送は中国地方向けの地方番組のようです)

僕がまともにレポできなかったこともTVではしっかり観ることができるはずです。

間違ったレポをしている可能性も大いにありますし

 

同日同時刻に全国で各地域ごとにその地方大会の様子が放映されるようですね。

全国大会は12月放送予定のようです。

また11月1日までの日曜ごとに午後1時からその時に開催されている地区大会の様子がネットでライブストリーミングで流されるようです。

それだとよその地区大会の様子も視聴できるでしょうね^^

 

楽しい1日でした

 

 

 

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール送信

  • お問合せ