リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

ピクニック

2014年7月21日 (月)

久しぶりにピクニック♪

3連休最後の休日、久しぶりのピクニックに行ってきました

実は去年の5月5日にご近所さんと二人で登って僕が山登りを始めるきっかけになった、家からすぐ近くにある『龍王山』と言う、山と言うより小高い丘と言った感じのところです。
前回の時もレポしてるので、重複する部分があると思いますが、今回は案内板に描かれている個所を全部巡ってみることにしました。
 
山の標高は240mと言うことですが、登り口の標高自体がすでに高いので、実質の高低差は数十mと言ったところでしょうか。
つまり小さな子供でも簡単に登れる、まさに小高い丘と言った感じです。
 
『龍王山公園』として整備され、登り口には駐車場や小さいながらも遊具、ベンチ、トイレ等があります。
登り口前には池があって、ルアーフィッシングをやる人もよく見かけます。
 
案内板です。
P1020641
今日はこれに載っているスポットをすべて巡ってみます。
 
簡単な遊具。
P1020643
 
ベンチ。
ここに到着したときにはこのベンチで少し一休みしました。
日陰になっていてとても気持ち良かった
P1020644
 
トイレも完備されています。
P1020642
 
 
家を出たのは9時丁度。
そしてここまでは街中のほぼ平たん路なのでママチャリでも十分来れます。今日もママチャリできました。
ゆっくりのんびり走ってきてもここに着いたのは9時20分。
一休みしたり写真を撮ったりして、登り始めたのは9時30分でした。
 
入口の道標。
P1020645
山頂までたった500mほどです
 
そして登山道開始点。
P1020646
段差のほとんどない階段や平たん路の小さな子供でもお年寄りでも問題なく歩ける、よく整備された道が続きます。
 
そして登り始めてたった4分ほどで最初の『南の休憩所』に着きます。
P1020648
 
P1020647_3
当然全然疲れてないのでここで休憩することなく足を進めます
 
そしてさらに4分ほど歩くと山頂と他のスポットへの分岐点に着きます。
P1020649
左の山頂まではほんのわずかですが、今日は先に右に折れて他のスポットを巡ります。
 
3分ほど歩くと『北の休憩所』に着きます。
P1020651
ここも木陰ができていて気持ち良いです
 
P1020652
 
すぐ傍にトイレもあります。
P1020650
 
ここからまた3分ほど進むと、『桂林悟澄の墓』がありました。
P1020654
縦横2mちょっとの碑でした。
 
僕は知らなかったのですが、結構立派な方だったんですね。
P1020653
 
 
道すがらでっかくて白いキノコが生えていました。
P1020655
傘の直径は20㎝ぐらいあるかも。
 
少し離れたところに、少し小ぶりだけど群生もしていました。
P1020656
僕はキノコに関しては全く疎いのでこのキノコの名前はよく知りませんが、調べてみたら『ドクツルタケ』か『シロタマゴテングタケ』に似てるような・・・。
もしそうならどちらも猛毒のキノコですけどね。
もちろん僕は知らないものを食べてみようなんて勇気は全くありません
 
 
案内板ではここから先に池があると書いてあったので行ってみたのですが、池は全然見当たらず、と言うかすでに民家があるところまで下りてしまいました
そして池の代わりにこんなのを見かけました。
P1020671
戦時中の防空壕の跡なのかな?
でも入口は縦60㎝、横40㎝ぐらいの小さなものでした。
 
 
一応案内板に載っていたスポットは全部巡り、残りは山頂の展望台なので早速登り返します。
そして10分ほどで到着しました。
P1020657
 
今日は天気も良く眺めも良いです
と言っても標高が低いから元々霞むほどでもないですしね
 
南東側。
P1020659
 
北西側。
P1020665
中央上寄りの少し緑の帯になっている付近が僕の家がある場所です。
 
北東側。
P1020664
中央にでんとそびえている山が、よく登っている『小田山』です。
 
今ちょうど10時。
登り始めてあれだけ巡っても30分しか経っていません。
ここで紅茶を入れて一服します。
紅茶のお供は毎度おなじみのココナッツサブレ
P1020667
今日はスティックシュガーを持ってきたので、少し甘めの紅茶です
ココナッツサブレも美味し~
 
木陰でゆっくり時間を過ごし、実はお昼も食べるつもりでご飯類も用意してきたのですが、さすがに他にすることもなく間が持たないので、11時丁度に帰ることにしました。
下山は軽快にポンポ~ンと言う感じで下り、5分余りで入り口に到着。
その後ママチャリでのんびり帰り、家に着いたのは11時半前でした。
 
『龍王山公園』は誰でも簡単に登れるので、多くの住民のウォーキングコースや幼稚園や小学校の遠足コースに最適な公園です。
実は入口の真ん前にも幼稚園があり、車もほとんど通らない場所なので、日常的にも園児たちの良い憩いの場所になっているのかもしれません。
 
ここだと無理すれば(いや、全然無理しなくても)家から歩いてくることも可能な場所です。
車を手放した今、野呂山など離れた山へ行くことが難しくなったけど、ここだと思いついたときに手軽に来れる場所だから、今後は息抜きがてら度々利用しよう
 
 
【おまけ】
 
実はこの龍王山公園は更に拡張が進められていて、先ほどの北の休憩所の前に広い公園が整備されていました。
どういった公園になるのかはまだよく分りませんが、正直言ってあまりレジャー施設化して欲しくないなー・・・と言うのも正直な気持ちです。
P1020670
 
P1020668
 
そしてここから山頂の展望台まで無粋なアスファルトの車道も整備されるようです。
P1020669
実はこの車道、入り口からの人道の周遊道と途中交差するように通っています
(写真の場所も北の休憩所などのスポットへの周遊道ですが、ここでも交差しています)
 
小さな子供やお年寄りでもゆっくり歩いても気軽にたった10数分ほどで登れる山なんだから、無理に山頂まで車で行けるようにしなくても良いと思うんだけど、事故でも起きなきゃいいけどなー・・・。
 
これが山頂の展望台から見た車道です。
P1020662
 
ここが駐車場になるんでしょう。
P1020661
 
折角の静かな憩いの場に誰もが簡単に車で来れるようにすると、今まで歩いてまで来なかったような変な輩まで来るようになって、ゴミとか騒音とか環境が悪くなるような気がしてしまいます。
以前登った灰ヶ峰などもそうですが、日常的に管理する人がいないような山の山頂まで誰もが車で簡単に行けるようになると、ゴミの散乱やタバコのポイ捨てなど必ず環境が悪化してしまいます。
果たしてどうなるんだろう・・・。
町の担当課の方たちも広く町民の人たちのためにと思っての開発だろうけど、そこまで考えてるのかな?
 
 
 

2013年5月 5日 (日)

ピクニック

GWの後半まっただ中、子供の日は天気が快晴で暖かかったので、たまにはクラフト制作を離れて気分転換でもと近所の小高い山にピクニックに出かけました。

ご近所さんと二人で行ったのですが、その方は以前にも行ったことがあるということで、下の駐車場から頂上までゆっくり歩いても20分もかからないぐらいだということなので、昼前の10時半に家を出発し途中でお昼の調達をしながら駐車場まで20分程度、すぐに登り始めて途中休憩所で一休みしながら(と言っても休むほどのものでもないのですが^^;)20分程度で頂上の展望台に着きました。
 
入口の案内板です。 
P1010381
 
歩道のほとんどは階段状に整備され、小さな子供でも歩きやすいです。
P1010380
 
途中ほんの少し傾斜のきつい箇所もありますが、大したことはありません。
P1010379
 
なだらかなところは普通の道です。
P1010372_2
 
そうこうしているうちにすぐに頂上に着きました
P1010373
 
頂上展望台の入り口です。
P1010375
 
展望台からの景色。
P1010376
 
P1010374
 
周りに木が生い茂ってるし町中にある里山なので、景色はあまり良くありません
P1010377
 
 
展望台の真ん中にこんもりしたサークルがあって木と石があるけど、ご神木でもなさそうだし石にも何も彫ってありませんでした。
P1010378
 
 
少し休んだあとおしゃべりしながらお弁当を食べお茶を飲み、しばしのんびりしたあと早々に帰路につきました。
これだけ気持ちの良いお天気だったのに他に誰もやってくる人はおらず、貸切状態でした
登山道入り口のすぐ前に幼稚園があったり近所に小学校もあるので、おそらく遠足の常用、そして近所の方たちの手軽なウォーキング場所なのでしょう。
 
そのまままっすぐ帰り家に着いたのは午後1時丁度、実質頂上にいたのは1時間半弱ですかね。
欲を言えばもう少し展望台周りの木を整理して視界が開ければもっと楽しめるのですが・・・
でもいい気分転換になりました
気軽に行けるとこだからこれからも機会があれば頻繁に行ってみよう
 
 
 
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール送信

  • お問合せ