リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

リトフェイン

2013年6月 6日 (木)

リトフェイン行灯 完成!

先日来製作中だったリトフェイン行灯が完成しました

電源部分のスイッチ等を取り付ける台を制作し、コネクターやスイッチを配置し配線を行なった後、先日制作しておいた本体を取り付けました。
 
その後全体にオイルステイン仕上げを施しました。
 
正面全体像です。
P1010573
横の単三型乾電池はサイズ比較のために置いたものです。
これで明かりを点けるわけではありません。
 
斜め上方から。
P1010546
 
 
上の部分は正面に対して左右90度の範囲で向きを変えることができます。
つまりどちらかのリトフェインを正面に向けることができます。
P1010551
富士山側。
 
P1010550_2
金閣寺側。
点灯させているので上面のスリットから明かりが漏れています。
 
点灯、消灯のためのスイッチです。
P1010552
このスイッチは表面からビス止めで固定するタイプのため、そのままではスイッチの両側にビスの頭が見えてしまいます。
それでは少々見栄えが悪いので、ビスを隠すためにMDFの材料を厚さ1ミリ以下まで薄く削り、そこに『点灯』、『消灯』の文字を彫り込んで貼り付けました。
 
台の横姿です。
スイッチを取り付けた前面は斜めにデザインしてみました。
P1010553
 
台の後面に電源用のコネクターがあります。
電源はACアダプターを使用します。
P1010556
ACアダプターの定格はDC12V、1Aなので十分余裕があります。
実際1日中点灯し続けたあとアダプターを手で触ってもほとんど熱を持っていません。
ほんのわずかに温かい程度です。
 
台ケース底面にはちゃんと四隅に軟質樹脂製の足もつけていますよ~
P1010560
 
ケース底板を外して、内部の電源コネクターとスイッチの配線周りです。
P1010561
 
上部本体の内部です。
スイッチを経てLEDユニットに配線しています。
P1010563
 
LEDユニットの1つ。
丸い基盤に小さなLEDチップが12個付いています。
P1010566
 
 
リトフェインは交換可能です。
自分の好きな写真を彫り込んでその時の気分で差し替えながら使うのも良いかも
P1010564
 
 
暗い部屋で点灯したところです。
P1010575
手元に置いてある本は明るさを参考にするために置いてあるものです。
表紙の題名を見るぐらいはできますが、中を読むにはちょっと暗いかな。
 
上の写真ではリトフェインがよく見えませんが、実際にはくっきりと見えます。
そして常夜灯としてはかなり明るいです。
P1010579
 
 
完成しての感想は、台の部分のケースとその上の丸い板のバランスが少々悪くチグハグな感じがします
それでも実用性は十分あると思います。
今回は適当な写真で製作したのですが、自分のお気に入りの写真や絵で作るとまた気分が違うかもしれません。
次は縦型を作ってみようかな。
 
おひとついかが?
 
 
 

2013年5月28日 (火)

リトフェイン行灯

このところサボリ気味のクラフトを久々にアップします

と言っても制作はかなり前から超スローペースで進めてきたもので、実は未だに完成に至っておりませんです
 
リトフェインを応用しLEDランプを内蔵した行灯風照明です。
2面に風景写真を彫り込んだリトフェインを配置し、裏2面からLEDランプで照らして明かりを灯しています。
P1010518
前2面に配置したリトフェイン。
 
1面は富士山です。
P1010519
 
もう1面は金閣寺です。
P1010520_2
 
裏2面にLEDランプを取り付けて、それぞれのリトフェインを照らしています。
P1010521
 
 
暗いところにおいて明かりを灯した様子です。
読書をしたりとかといった用途には少々暗いのですが、足元を照らしたり常夜灯に使う分には十分な明るさがあります。
(1枚に12個のLEDチップが付いた高輝度LEDユニットを4枚使って、消費電力は1.5W程度です)
LEDと言えどこれだけの数ともなるとユニット回路からほんのりと温かい程度ですが多少熱が発生するので、より安全性を高めるためケースの底板と天板にそれぞれ小穴とスリットを設けて通気をさせています。
天板のスリットは上方にも明かりを漏らす目的もあります。
P1010523
 
同じく暗い場所での富士山の様子。
P1010530
 
同じく金閣寺の様子。
P1010527
 
 
まだ未完成と書きましたが、実は下の台の部分が全く出来ておりません
どういった形が良いのか・・・、スイッチはどこにどういうものを付けようか・・・、全くアイデアが湧きません。
良いアイデアを誰かおせーて~
 
ケースの材料はMDFの板に杉の角材や丸棒、パイン集成材などです。
今回は横型のものを制作しましたが、もちろん画像が縦位置のものであれば縦型のものも製作可能です。
リトフェイン1枚の大きさはほぼハガキ大です。
夜枕元にこういった明かりを灯して寝れば良い夢を見ながら安眠できるかも
全部が完成するのはまだ当分先になりそうですが。
 
・・・って、未完成のものを載せるな!ってお叱りの声が聞こえてきそう
 
一応どんな写真やイラストでも作ることができるので、お一ついかがですか~
僕も早く完成させて枕元に置きたい
 
 
 

2012年8月23日 (木)

リトフェイン Happy Wedding編

毎度毎度のリトフェインですが、ウェディング姿の二人をリトフェインにしてみました。
なかなか感じの良いものに仕上がりました。
写真ではなかなか分かりにくいですが、実物は多少立体感があって画像が浮き出るように見えて、とても良い感じです(褒めすぎ
念のためですが男性は僕ではありませ~ん(一目瞭然

P10100271

 

リトフェインは製作を受け付けています。
詳しくはヒロ工房販売サイトからお願いします。

 

2012年7月14日 (土)

アニメのリトフェイン

今回もリトフェインを製作してみましたが、題材にアニメのイラストを選んでみました。
まずは粗掘りです。

P1000943

さて、何を彫ってるのかな~
それにしても削りカスが半端ない
これでも頻繁に吸塵器で取り除いているのですが、ほんの数分間放っておいただけでこのありさまです。
リトフェインに使う人造大理石を加工するときはこれがつきものです


P1000945

粗削りが終わりました。
かかった時間はご覧の通り、2時間チョイ!
次に仕上げ掘りにうつります。
ちなみに粗彫りはφ2mmのボールエンドミル、仕上げ彫りはφ1mmのボールエンドミルを使っています。


P1000948

仕上げ彫り終了!
このままだとなんの絵かよくわからないですね


P1000949

ますますわからん!
彫っている深さは最大3.5mmです。


P1000950

仕上げ彫りにかかった時間は4時間半以上
今回の絵は明るい部分、つまり深く彫る部分がたくさんあったので、余計に時間がかかりました。
粗彫りも含めて彫る時間だけで7時間近く!


P1000955

さぁ!後ろから光を当ててみましょうか。
このアニメでした
知っている人は知っている、知らない人は知らない(当たり前)
「魔法少女まどか☆マギカ」です。
実は僕は知らなかったのですが、知人から薦められて彫ってみました
なかなか楽しくて良い絵だと思います。


P1000956

う~ん!この角度から見てもなかなか!
なお、おそらくなんとなくカクカクした感じに見えると思われた方も多いと思いますが、元のイラストに輪郭線が多用されているためです。
濃い色の輪郭線はそこだけ彫らずに残るので、角度によっては飛び出て見えるんです。
でも実物を近くで見るとほんとに良い感じなんですよ~
アニメの好きな人にはこういった品も良いコレクションになりそうですね。
 
 
 

2012年4月13日 (金)

リトフェイン PartⅢ

Anikanreki

リトフェイン第3弾です。
私の兄が還暦を迎えたので、リトフェインを彫って還暦祝いとして贈りました
モノクロではあるけど、普通の写真にはない良さもあると思います。
画像ではなかなか伝わり難いのですが、実物を見たときの印象はもっと良いと思います。
それにしてもせっかくの還暦祝い、もう少し格好が決まっていたらもっと良かったんですけどね~
誰ですか?なんだか遺影に見えると言ってるのは・・・

なお画像はプライバシーの観点から、一部修正しています。

リトフェインは製作を受け付けています。
詳しくはヒロ工房販売サイトからお願いします。

 

 

2012年4月 6日 (金)

リトフェイン PartⅡ

P1000673

 
リトフェインその2です。
赤ちゃんの写真を左半分に彫り、右側には赤ちゃんの出生時のデータを彫り込みました。
バックライトも温かい感じの電灯色LEDを使ってみました。
このように画像とテキストを混在して彫ることもできます。

もうすぐ私の親戚に赤ちゃんが生まれる予定なので、その赤ちゃんのリトフェインを作って出産祝いとして贈ろうと考えています

なお画像のリトフェインは赤ちゃんは外国人ですしデータも架空のもので、あくまでも見本として彫ったものです。

リトフェインは製作を受け付けています。
詳しくはヒロ工房販売サイトからお願いします。 

 

 

2012年4月 3日 (火)

リトフェイン(製作受付中)

P1000690

 
これはリトフェインと言って人造大理石に写真などを彫りこんだものです。
私は初めてこういうものを知ったときに、自分で作ってみたいと思ってクラフト製作の世界に入りました。
言わば私の人生を狂わせた・・・・もとい変えた品です(^-^;

細い刃物を使って元の画像の明暗を忠実に再現するために、微妙に深さを変えながら彫りこんでいき、最大の高低差は3mm程度あります。
彫っただけのものを見ただけでは「なんだこりゃ!?」な感じでインパクトも何もないですが、裏から光を当てて透かすと様子が一変します。
まるで画像が浮き出る感じで、実際深く彫っているので近くで見ると多少立体的にさえ見えます。
元画像で明るいところは深く彫って薄くし、光の透過率を上げて明るくし、暗いところはあまり深く彫らずに透過率を下げて暗くし、その変化を微細に変えて元画像を忠実に再現しています。
もちろん写真だけでなくイラストや絵、文字なども彫ることができます。

それでは裏から光を当ててみましょう。
 

P1000689

 
想像してたより驚かれたのではないでしょうか?
これが私の第一作目なのですが、彫った後で初めて光に透かせて見たときは、思わず感動してしまいました
当然モノトーンにしかなりませんが、カラーでなくても普通の写真にはない味があると思います。
卒入学、成人式、出産、旅行などのお祝いや思い出、記念などの写真をこういった形で残すのにも向いていると思います。
もちろん贈り物などにも最適かと思います。
写真部の大きさはほぼはがき代です。
 

P1000695

 
後ろの光源部を含めた全体像の画像です。
光源はLEDの集合光源で、消費電力もわずかで(約0.6W)寿命も長く、点灯し続けてもほとんど電気を使いませんし、意外と明るく夜は常夜灯代わりにもなるぐらいです。
何かのお祝いや記念におひとついかがでしょう。
 
この作品は製作を受け付けています。
製作にかなり手間と時間を要するのでそれなりに高価ですが、もし興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。
ヒロ工房販売サイトでも受け付けています。
 
 
 

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール送信

  • お問合せ