リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 岩山に挑戦! | トップページ | 久しぶりにキャンプへGo! 続編 »

2015年11月 3日 (火)

久しぶりにキャンプへGo! 前編

今年も残り2ヶ月となりましたが、その11月の初日にキャンプに行ってきました

少し前から予定していたのですが、2日の月曜日に休暇を取り土曜日から火曜日までの連休とし1日の日曜日からテント泊のキャンプです。

天気予報では1日の夜から2日の午前中にかけて雨予報で、その後は天気が回復し特に3日の文化の日はほぼ快晴に恵まれるとの事だったので、2日の撤収は無理と考え2泊3日のテント泊としました。

場所は自転車で行ける範囲内なので最初以前よくキャンプをしていた「野呂川ダム公園」のキャンプ場を考えていたのですが、よく考えたら2年前の丁度この時の連休にキャンプに行って非常識な連中とトラブルになったことのある場所なので、その後敬遠していてあまり気の進まない場所ではありました。

そこで他に自転車で行ける範囲でキャンプできそうな場所がないかと役場などで情報収集したところ、近くにある別のダム公園でもテントを張れそうな場所はあるということが分かりました。

そこはキャンプ場と言うわけではないのですが、他人に迷惑がかからない範囲であればある程度黙認されるということです。

当然正規のキャンプ場ではないので公園内での直火は禁止です。

もちろん僕は野外でのバーベキューやキャンプファイヤー、焚火などとは全く縁のない人間なので無問題

早速土曜日に下調べとしてそのダム公園に行ってみました。

 

名前は「黒瀬ダム」です。

P1030571

距離的には家から野呂川ダムとほぼ同じ10Km弱ですが、実際に自転車で走ってみるとこちらへのルートの方がアップダウンがあったり交通量の多いのに狭い路側帯しかなくちょっと怖い個所があったりと、時間はこちらの方がかかりました。

でも静かで良さそうなところです。

P1030573_2


P1030572_2


ダム湖を1周する約1.2Kmの周回路があるのですが、この場所から2~300m程のところに東屋やトイレなどの設備がある広場があります。

P1030574

 

トイレ
P1030575


このトイレから少し離れた場所に水場があります。

役場の人の話ではその水は水道水でなく山水だとのことで生水は飲まないようにと言われました。

沸かせば使えるかもしれないとのことですが、あくまでも自己責任でと念を押されました

 

かなり広い多目的広場です。

非常時のためにたまにヘリの着陸訓練などもされているようです。

P1030576


一段小高い場所にも東屋とその横にちょっとした広場(駐車場?)がありました。

P1030577


 

下調べは終わってなかなか良さそうなところなのでここでキャンプしてみようかな・・・。

水が飲食用として使えるかどうかが心配なところですが(野呂川ダム公園は水道水だしキャンプ場なのでちゃんとした流し場もある)、静かで平地も多いしキャンプ場として広く認知されてない分変な人が来ることもなさそうなので、こちらの方が良いかも

 

翌1日の日曜日、黒瀬ダムでキャンプすることに決め準備を整えました。

持って行くものです。

テント、夏と冬用のシュラフ2組(夏用はテントの床に敷くテントマット代わりです)、クッカー、コンロとガス、ランタン、ヘッドランプ、エアピロー、防寒着、カメラ、ゴミ袋やタオル、洗濯バサミなどの小物、その他いろいろ。
もちろん夜からほぼ雨が降るのは確実なので、念のためレインウェアと傘も持って行きます。

食料はパックのご飯とレトルト食品、カップ焼きそば、雑炊の素、インスタントみそ汁、麦茶と紅茶のティーバッグなど初日のお昼から最終日の最悪お昼までの7食分を持って行きます。

マッサマンカレーの缶詰も見えたりします

おやつとしてシガーフライとココナッツサブレも

P1030578


これに500ccのペットボトルの水6本が加わります。

 

テントとシュラフ以外を全部ザックに詰めます。

P1030579


写真では分かり難いですが、実際はこのザックの容量目いっぱい詰めていて、これ以上入らないというぐらい詰め込んでいます。

そう言えばザックの左下にぶら下がっている黒いケースは双眼鏡です。

最終的にはザックだけで約13Kg、テントがペグなど固定に使う道具すべて含めて6.5Kg、シュラフは2つでちょうど3Kg、トータルで23Kg近くになってしまいました

テントは自転車の荷台にくくりつけ、シュラフは2つ前かごに入れました。

前かごが大きいおかげで2つともちょうどうまい具合に収まってくれました

バックは自宅のショーウィンドウの一部がちょっとだけ見えてますが気にしないで

P1030581



午前10時過ぎに家を出発

前日の下見時は片道50分ぐらいで着いたけど、さすがに20Kg以上重量が増すと自転車が重い!

しかも半分ぐらい走ったころから背負ったザックの重さが肩に食い込んで痛い

途中何か所かアップダウンがあるので、上り坂は下りて押して歩くことも。

そんなこんなで今日は約1時間かかって目的地に着いたのが11時15分頃でした。

実はポケットの中にもらい物の柿を二つ忍ばせてきたので、一息つこうとその柿を頂きます

P1030583


ん~、ウマイ!

 

そして一息ついた後早速テントの設営。

今日は予報通りどんよりの空です

P1030584

まずは場所を決めてグランドシート(フットプリント)を敷きます。

場所は東屋から数メートル離れたところで、いざとなれば東屋に逃げ込めるところに決めました。

P1030585


その上にテントを設営します。

P1030586


実は前もって前回のテント泊の記事でテントの張り方を見ておいたのですぐに張ることができたのですが、もし見てなかったらほとんど忘れてました

前室にブルーシートを敷き道具をすべて放り込んでも余裕で収まりまだまだ広い空間があります。

これで雨が降ろうと嵐が来ようと怖いものなしでテント内でご飯が食べられる

P1030587

居室に夏用のシュラフをマットとして敷き、その上に冬用のシュラフとエアピローをセット完了

P1030588

さすがに広くて一人で使うにはもったいないぐらい

隣にもう一人居てくれても良いな~・・・(ただし男はいらんよ

 

あまり長くなるのもなんですので、今回はテント設営まで。

これから食事もだけど他にも色々あったのでそれは続編で書きます。

乞うご期待

 

 

 

« 岩山に挑戦! | トップページ | 久しぶりにキャンプへGo! 続編 »

キャンプ、テント泊」カテゴリの記事

コメント

大きなテントですね
これなら 気持ち良く過ごせそう♫
続き、早く載せてね 又ゆっくり読みに参ります
お帰りなさい 楽しそうで良かったです

まめこさん、ありがとうございます^^
テントは大きくて居住性はすごく良いのですが、張る時と特に片付けるのがすごく大変★
収納時の畳み方が悪いと絶対ケースに入りません^^;
今回も1度では入らず2回畳み直しました☁
でもキャンプ中はのんびり過ごすことができて良かったです♪

お帰りやすぅ。 
走行中、シュラフふたつに視界をはばまれませんでしたかぁ? 無事でなにより、って、キャンプには慣れておられるのでしょうが。 
その後の雨が気になる気になる。

ただいまどすぅ(あってるのか
風さんありがとうございます♪
視界は大丈夫だったけどハンドルが取られそうになることが時々ありました★
スピードを出してる時にハンドルが振られると危険ですね。
今回キャンプができたのは風さんを見習って思い切って飛び出せたからです
そういう意味でも風さんに感謝しています
続編もアップしました~

はじめまして。アウトドアメディア「CAMP HACK」のライターです。「冬のソロキャンプ」特集記事にてこちらの魅力的なお写真を是非使用させていただければと思います。ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。info@spacekey.co.jp

藤井未央 様
それほど魅力的な写真があるとは思えないのですが、もしお望みの写真があればお使い頂いて全く構いません。
別に著作権がどうとかと言うような写真でもありませんし
と言うかサイトを拝見させて頂きましたが、とても興味深いサイトですね。
今後もキャンプ等で是非参考にさせて頂きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにキャンプへGo! 前編:

« 岩山に挑戦! | トップページ | 久しぶりにキャンプへGo! 続編 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール送信

  • お問合せ