リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 久しぶりにキャンプへGo! 前編 | トップページ | 懐かしのSL寝台急行を切り絵に »

2015年11月 4日 (水)

久しぶりにキャンプへGo! 続編

テントの設営と荷物の収納などに40分余りかかり、時刻も12時を回ったので早速お昼にします。

すぐ傍に東屋があり広い椅子と頑丈なテーブルがあるので、食事はほぼ毎回そこですることになりました。

お昼は中華たまご丼にしました。

P1030589


毎回おなじみですがパックのご飯を鍋に割り入れ水を少し足して煮たあと、レトルトの丼の素を入れて再度煮込みます。

家で食べるとそれほど美味しいとは思わないレトルトものでも、こういったところで食べると不思議と美味しく感じるものです。

ご飯のあとは紅茶とお菓子で一服

二日間1日じゅう暇を持て余すことになるだろうから、パズルの本も持ってきて頭の体操に励みます

P1030590


 

東屋から見たテントの位置関係です。

P1030592


食事後は少し散策。

一段小高い場所からダムを眺めてみます。

P1030593


ダムの堤防の向こう側に見えるのは「東広島・呉道路」です。

更にその道路の向こう側の一段低いところには山陽新幹線も平行して走っています。

その後はラジオを聞きながらパズルをし時間を潰しました。

 

この時期は日が沈むと一気に暗くなってきます。

周りを山に囲まれているので夕方5時前には太陽が見えなくなり、5時半を過ぎるとほぼ暗闇状態です。

ランタンを点けて6時半頃から夕食の準備にかかりました。

夕食は取り敢えずお腹を満たすために大盛りカレーにします。

P1030596

カレーも鍋の中でご飯と一緒に煮込んでしまいます(たまには他の調理法無いのか

7時前に食事を終え鍋を洗うために水場に向かっている時に、暗闇で気づかなかったのですが雨がぽつりぽつりと降り出していました(トイレと水場まで30mぐらいあります

急いで鍋に水を入れただけで戻り、炊事用の道具を全てテントの中に入れ込んで入り口を閉めます。

その後は雨もだんだん本降りになり、しばらくはテント内でパズルをやったりしていたのですが、どんどん冷えてくるし他にやることもないので8時半頃にはシュラフに潜り込んでしまいました。

その後もラジオを聞いたりしていたのですが9時過ぎにはラジオもランタンも切って寝ることに決定

でも僕はこういった環境で熟睡できない性格だからウトウトはしてもなかなか寝付けない★

おまけに夜半すぎから夜明け前にかけてとても冷え込んできて、冬用のシュラフの中にいてもすごく寒い

一番上に薄手のダウンジャケットを着て全部で4枚重ね着をしているのにガタガタ震えるぐらいで、おまけに咳が出てくる始末。

もしかして明日は風邪ひいて熱出して寝こんじゃうのかなー・・・そんなことになったらどうしよう・・・などと思いながら結局殆ど寝ないまま朝を迎えてしまいました。

 

シュラフから手を出して時間を見ようとランタンに手を伸ばす時に、テントの生地やマットに触ったら何となく湿っぽい。

時間を見たら5時半なので、起きてランタンを点けて居室(インナーテント)の天井を見ると水滴が付いている

居室の入り口を開けて前室に出ようとすると、前室に敷いてあるブルーシートがびしょ濡れで少し凹んでいるところは水たまり状態になっています

テントの内側を見ると結露してテント地一面びっしょり

P1030597


急いで雑巾やタオルで床とテントの内側を拭き、なんとか前室に出られる状態にしたのですが、何度も雑巾やタオルを絞り直すぐらいの水でした。

外は本降りの雨なので入り口を開けるのもトイレに行くのも一苦労

当然朝食はテント内で済ませます。

鍋は前日カレーを食べたあと洗わずに水を入れているだけのため使えません。

実はこういうことを予測してカップ焼きそばを持ってきていたのです。

カップ焼きそばならお湯を沸かして入れ3分待ってお湯を捨てるだけで食べられるし、カップ自体洗う必要もないですからね

お湯を捨てるのはテントの扉を開けなくてもテント内から地面の見える所にチョロチョロっと捨てるだけで済むし

朝食はカップ焼きそばで済ませ、寒いので紅茶を入れて飲んで体を温めました。

こういう時に前室が広くてテント内で炊事ができることは本当に助かります。

もちろん寝室だけのドーム型テント内でも炊事をやろうと思えばできないことはないですが、やはりちょっと身体を動かした時にコンロを倒したりして火傷をしたりテントを焼いたりする危険性も高いし、特にドーム型テントは中心部しか高さがないからテント内での動作がかなり制限されます。

テント内が結露したままだとちょっとテント地に触れるたびに濡れちゃうしね

 

そう言えばなんとか風邪はひかずに済んだようで咳も熱も出ません。

助かった~~

それにしても結露で床がびしょ濡れになるぐらいだったのに、テントのポケットに入れていたカメラやシュラフなどを入れている袋などはなんとか濡れずに済んだのは運が良かったとしか言いようが無い。

前室の床に置いたままにしていたパズルの本は一部が濡れてしまいましたが、それもほんの一部で済んだのも運が良かったです

 

しかしそのうち雨の音がだんだん小さくなってきて、7時過ぎぐらいにはやんできました。

結局前夜の7時から今朝の7時までの12時間の雨でした。

お昼ごろまでは雨が降り続くだろうと覚悟していたので、これも運が良いと言えるのかな。

 

9時頃には日が差してきたので、東屋にの柱にロープを張り雑巾やタオルやシュラフを干したり、テントの外側についた雨粒を拭き取ったりしました。

P1030598

東屋は完全に独占しちゃってます

と言っても他に人影は全く見えませんし、たまに来る人がいても犬の散歩やジョギングぐらいで東屋を使う人は殆どいないようです。

まぁ僕がいるから敬遠しているのかもしれませんが

 

天気はほとんど曇り空ですがたまに日が差すこともあり気温も上がってきたので、昼間はそれほど寒くは感じません。

外で紅茶を飲みお菓子を食べながらパズルをやって過ごします。

時々自転車でダム周回路を走ったりしたのですが、他に見る所もありません。

近くにあるバラ農園も一般人は見学することはできません。

(数年前までは鑑賞バラ園もあったようですが、今は閉鎖されています)

そうこうしているうちにお昼になったのでまた同じ方法でお昼ごはんにします。

お昼は牛たま丼です(見た目は他の丼の素とほとんど見分けはつきませんが

それに麦茶とお菓子も用意しておきます。

P1030599

あっけなくお昼ごはんも終わり鍋を洗ったあとお菓子をポリポリかじりながらまたパズルに没頭です。

時々ですが日が差して気温が上がったためシュラフもテントもほとんど乾いてきました。

気温が下がる前にシュラフをテントの中に戻しておき、パズルをやったりストレッチの体操をやったりしながら時間をつぶし、5時前に日が暮れた頃からだんだん暗さが増してきて5時半を過ぎるとまたほぼ暗闇になって2日目の夜を迎えました。

気温も下がってきたけど今夜の夕食も東屋のテーブルで食べることにします。

6時半頃から夕食の準備にかかり、メニューはマッサマンカレーに決めました(2日続けてカレーの夕食とは・・・

それにインスタントですが味噌汁もつけます(カレーに味噌汁というミスマッチは気にしない

P1030600

マッサマンカレーやっぱり美味しいね

それに味噌汁もそれほど違和感はないです。

まぁキャンプという環境だから何でも美味しく感じるのかもしれませんが

 

夕食を終え鍋やお椀などの食器を洗い終えたのが7時過ぎで外に居るとかなり冷え込んできました。

この時点で空には雲がほとんどなくなり星も見えています(この時間は月は出ていませんでした)

寒いのでテントに入ろうとテントの表面を触るとすでに露が付き始めて湿っています。

内部も細かい水滴が付いています。

こりゃ明朝も床が洪水かな~・・・などと心配しながら8時半頃まで前室でラジオを聞きながらパズルをやって過ごしました。

その後シュラフに潜り込み就寝に入ります。

明日は良い天気になるということでその分放射冷却でかなり寒い朝になるという予報なので、前夜よりもっと冷えることを覚悟していました。

ところで直線距離で数百メートルの所に新幹線が走っていると書きましたが、夜になるとその通過音がかなりの音で響いてきます。

しかも長くても10分以内、上り下り列車の通過タイミングによっては3分を待たず通過音が聞こえてきます。

こうやって見ると新幹線はあれほどの高速列車に関わらず本当に過密ダイヤだということがよく分かります

昼間はそれほど気にならなかったけど夜間にあれほど大きな音が響くと、沿線の人たちは早朝から夜中までひっきりなしにあの音を聞いているということなんですね。

文明の利器も状況によってはちょっと考えさせられました。

もちろん鉄道に限らず道路、空港、基地問題など全てに言えることかもしれませんが。

 

 

閑話休題。

夜間かなり冷え込むと思っていたけど、昨夜ほどではなくシュラフの中でガタガタ震えることもなく無事朝を迎えることができました。

途中夜中に一度トイレで外に出たのですが、空を見上げると一面に星が瞬いていて雲がないのがよく分かります。

下弦の月も空に昇り良い天気になることが容易に想像できます

トイレを済ませ再度シュラフに潜り込んで熟睡ではないけど少しは眠ることができ朝を迎えました。

朝5時半に居室の入口を開けて前室の床を見てみると、今回は床は濡れていません。

ただしテントの内側はやはり結露して一面に水滴がついています。

前日の例もあったのでテントの通気口は全て開けてできるだけ換気するようにしておいたのですが、やはり夜間の冷え込みがあるこの時期は結露は避けられないようです。

床が濡れてないだけ儲けものだと思うべきでしょう。

 

タオルでできるだけ水滴を拭き取り外に出てみるとやはり快晴の朝です

ダム湖を見てみると湖面から水蒸気が立ち上っています。

P1030601


水蒸気の量がもう少し多いと一面の朝霧になったんでしょうね。

6時半頃から朝食の準備にかかり、今回は中華丼と味噌汁です。

P1030604


朝食を済ませた丁度7時頃に日の出を迎えました

P1030607


綺麗な朝日です。

洗顔と食器類の片付けを済ませラジオを聞いたりして過ごした後8時頃に日が高くなり始めた頃から撤収の準備を始めました。

まずは夏と冬用のシュラフを干します。

P1030609


P1030610


相変わらず東屋は完全に独占状態です(申し訳ありません

シュラフを干している間にキャンプ用品をザックに収納したりテントも撤収して十分乾かすために干しておきました。

P1030612

ちょうど良い具合に上面が平らで広い植え込みがあったので、その上に干させてもらいました(重ね重ね申し訳ありません

おかげで快晴で気温も20℃ぐらいまで上がったので十分乾かすことができました

シュラフは11時頃まで干してその後袋に収納し、フットプリントも30分ほど干して乾かしました。

 

11時半頃にフットプリントを畳んで収納。

その後テントも畳んで収納するのですが、あれほど大きいテントを専用のバッグに入るまで小さく畳むのは至難の業。

おまけにこの頃には時々強い風が吹いていたこともあり煽られてなかなかうまく畳むことができません

1度目は失敗して全然バッグに入らなかったので再度広げて頭をフル回転させながら畳み方を考え、2回目になんとか無理やり詰め込める程度まで畳むことができました

しかし購入時にはもっとスマートに収納されてたのになー

結局すべてを収納した時は12時半近くになっていたので、お昼も食べて帰ることにします。

お昼は雑炊の素で鶏雑炊にしました。

P1030613


これで持ってきた食料は全て食べつくしました。

おかげで帰る時は多少身軽になったぞ~

キャンプ中時々取っていた一服時に紅茶を飲んだりお菓子を食べたりしていたので、ティーバッグも全て使い果たし、お菓子もこのココナッツサブレが残り8枚程度です。

食べ終わった後急いで食器を洗って乾かしてコンロやガスとともにザックに収納し、これで全ての帰り支度が終了です。

その時丁度タイミングよく同じ町内だという青年が、天気が良いのでここに勉強しに来たのだと言って東屋にやって来ました。

少し話をした後食べ残しでとても申し訳ないけどと言ってサブレをあげ、1時半過ぎに帰路につきました。

途中新幹線のことも書きましたが、新幹線のすぐ傍の道路でちょうど下り方面の列車に出会いました。

P1030614

あっという間にフルスピードで走り去って行きました

こうやって見ると新幹線もけっこうアップダウンがあるのが分かります。

この後大汗をかきかきヒーヒー言いながら自転車を走らせ、家に着いたのは2時半頃でした。

往復時の自転車は疲れたけどキャンプ中は俗世を離れて命の洗濯をすることができ、思いっきり気分転換をすることができました

場所も静かで変な人も殆ど来ることがなく良い場所だったので、もし次回もキャンプをすることがあったらここにしようかな。

ただし夜間が冷える時期は結露が激しく撤収も困難になりかねないので、昼夜共温暖な時期が良いかもしれません。

 

今回のキャンプのレポでした

 

 

« 久しぶりにキャンプへGo! 前編 | トップページ | 懐かしのSL寝台急行を切り絵に »

キャンプ、テント泊」カテゴリの記事

コメント

ヒロさ~ん、キャンプレポお疲れ様☆

良いキャンプ場でしたね♪ノビノビできたのが文章から良く分かりましたよ🌼
食事レポもなかなか美味しそうでした
仕方がないかもだけど、次回少しだけ手の込んだ調理法希望…ダメ?

帰りに撮った新幹線の1枚ははやぶささんにも匹敵する出来栄えではないかと
ヒロさんもそっち系お好きなのかしら?

今回、夜寒かったって事ですけど床に夏用シュラフだけじゃ夏でも寒そうだと思います

1度甥姪と夏休みのキャンプに行った際、断熱シートのみで寝袋入ったら地面から寒さがしんしんと体に入り込んで睡眠不足になりました

良くキャンプに行く同僚からも分厚いエアマットは常識だと言われてしまい、調べたら
3000円しないし、アマゾンでの口コミもまあまあなのでおススメですよ~\(^o^)/

キャンプお疲れ様!
その後体調は大丈夫かな??

さすがにこの時期夜が辛かったとは思うけど、すごく楽しそうで何より!
自宅で過ごすのと違って非日常感が味わえていいなー!

暖かいもの飲んで、今日は布団に包まって寝てね!

pasokoさん、ありがとう^^
僕のキャンプはいつも食事に関しては食べられりゃ良いという程度の手抜きの食事だから、食べる楽しみってのがあまりないね^^;
キャンプは他の道具を一杯持って行かなきゃならないから、料理のための食材までなかなか持っていくことができないんだよね~★
でも今度山行くときはいくらか食材と調味料持って行って、山の上で何か簡単な両理作ってみようかな✿
どちらにしろ僕には凝った料理なんてできないんだけど☁

テント泊の情報見てるとよく銀マットが敷物として載ってるけど、あれってあまり効果がないみたいだね。
pasokoさんの言われるようにエアマットが一番断熱の効果があるでしょうね。
ただ僕の場合小さく畳めるものじゃないと持ち運びに難儀するんだよね。
夏用のシュラフも丸めてもけっこう大きいんだけど、長さが30cmぐらいに収まるしね。
銀マットやエアマットだとどうしても長さが縮まらないからなー。

どちらにしろ夜が冷える時期のキャンプは寒さよりもテントが結露してびしょ濡れになって片付けに難儀するから、昼夜通じて暖かい時期にやった方が良いかも。
冬になると仮に天気が良くなっても気温が低くて乾き難いしね。

水兄ぃ、コメありがとう♪
たまには日常を離れてキャンプも良いもんだね^^
ただ1日じゅう何もすることがなくてひたすら時間を潰すのもある意味辛いものがあるけどね^^;
でも夜は寒かったけど良い経験ができて良かったよ。
また現実に戻っていつもの生活が始まっちゃうな~。

私ならあの東屋の中にテント張るわー、と思いながら読んでましたが、そうですね、公の場なのですよね。それに、ペグもささりませんよね。 
私は、雨の日のキャンプは超苦手です。 テント裏にさわったときのぬれ具合や、荷物が湿りきってしまうことや。。。。 
でも、自然の中に身をおくというのは本当に気持ちいいですよね。 風邪もひかれなかったし、よかったよかった

テントの内側に水滴がつくんですね
風邪をひかないで良かったです
一人のキャンプも良いかも知れません。
ヒロさんのやっていらしゃったパズルは私も以前良く遊んでいました
時間つぶすのにうってつけですね
お天気も良くなったし、普段の心がけが良かったんですね♪

追伸
食事は‥もう少し工夫出来ませんか(o^―^o)ニコ

実は僕も東屋の中にテント張れたら雨でも関係ないのになー・・・と思ってました^^;
ペグは打てないけどロープ張って柱に結びつければ良いかもね^^
でもそれじゃやっぱりキャンプにならないか★
夏だったら東屋のベンチでそのまま寝ることもできるかも✿・・・って、それってすでにホームレス^^;
自然をそのまま受け入れるのがキャンプの醍醐味なのかもしれないけど、やっぱり雨は何をするにも鬱陶しいね。
何より雨の中だと収納が大変☁

まめこさん、夜間に気温が下がってテントの外と中の気温差が大きい環境になるとテント内の結露は避けられません。
と言っても僕もこれまで数回キャンプしてきたけど今回ほど結露したのは初めてでした。
ひどい時は朝起きたら寝室の中も床が水浸しになってたって言う例も実際にあるみたいです。
僕にはさすがにそんな状況になってもテント泊を楽しむというほどの心の余裕はないですけどね^^;

前回のキャンプの時もあのパズルの本を持って行ったのですが、あのパズルは問題数も多くてけっこう楽しめますね♪
前回も問題を全部解いて懸賞に応募したけど、結局当たりませんでした^^;

確かに食事はもう少し工夫したいんですけどね~。
せっかくのキャンプなら食事も楽しまなきゃもったいないですしね。

こんばんは✿
ネットがプッツンと切れてしまいがちで、今頃コメントですみません!
ヒロさん、新天地でのキャンプで命の洗濯できたようで、成功ですね!(^^)!
どうしても、下界のキャンプ地というと、目的が仲間とか家族とのバーベキューとか飲み会、花火など騒がしいしゆっくりできません。
キャンプはゆっくり一人で木陰で読書、夜は静寂な星空を見上げ、、なんていうのが好みです^^
装備はミニマリストのように必要最低限でね♪
夜、どうしても冷気が下からも上がってくるので、エアマットとかは必需品かもしれません。
でもこれから寒い季節はしませんね(^^ゞ
最後のテント撤収は一人で行うのは大変そう!
小さく畳んで収納って難しいですね。ましてや風が強いときは✿
また、穏やかな日を狙ってぜひキャンプライフ楽しんでくださいませ(^^♪
来年かしら?
そのときは、タイ風焼き鳥など新メニューもよろしくです!
動画もつけてキャンプ3分クッキングなども楽しそうです!(^^)!
今、お忙しそうですね。
ご自愛くださいませ(_ _)

らるごさん、コメントありがとうございます^^
らるごさんちのネット切れやすいって、短気なんですね^^;
と言うかもしかして無線LANですか?
僕も家の中無線で飛ばしてますが時々いきなり切れる時があります。
あれイライラするよね~★

今回のキャンプはなかなか良かったです✿
僕もらるごさんと同じで騒々しいキャンプはあまり興味はありません。
1人か気の合った人2人ぐらいでゆっくりのんびり過ごすのが好みです。
自分では必要最小限のものにまとめたつもりなのに、まだまだ素人ですね。
なかなかコンパクトにならない☁
食料がどうしても回数分用意してしまうからね~。

夏用のシュラフを床に敷いてたから下からの冷気はそれほどでもなかったけど、結露してテント内がジメッと湿気たから、そのために温度が下がったのかもね。
でもテントが濡れると撤収が大変だから、多分次回は来年の5月以降ぐらいになるかな。
でも先日のキャンプで気が付いたけど、おそらく加水分解が始まっているのか、内側がなんとなくネバつく感じがしました。
加水分解も防ぎようがないから仕方ないですけどね。

いつか山用のガスコンロ使って家でちょっとした料理してみようかと思っています。
鶏ガラとかコンソメとか使って煮込み料理作れたら、キャンプの楽しみが広がるかもね^o^
でもいきなりキャンプでやって失敗したら嫌だから、先ずは家で。
僕のコンロはちょっと火力が弱いからね~。
もしうまくいきそうなら食材を持って行って料理してみよう^^
らるごさんもいつかテン泊してそのレポお願いします♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにキャンプへGo! 続編:

« 久しぶりにキャンプへGo! 前編 | トップページ | 懐かしのSL寝台急行を切り絵に »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール送信

  • お問合せ