リンク集

  • 衝撃映像集-YouTube
    交通事故の瞬間などの衝撃映像集です。 これを観ると事故の大半がほんの一瞬の気の緩み、不注意、身勝手な運転だということがよく判ります。 ぜひ他山の石として安全運転に努めましょう。
  • _  
  • 作品販売サイト(BASE)
    ブログで発表したパズルやゴム鉄砲などのクラフト作品を始め、他にも色紙貼りや額入りの切り絵なども出品しています。 もし良かったら覗いてみてください。
  • 音色書店
    中国料理人への道を目指して日々頑張っている友人が取り扱っている、本場の中国料理レシピ本のネットショップサイトです。 内容は現地語ですがプロの方にも十分参考になるでしょう。
  • ヒロ工房作品販売サイト
    ヒロ工房の一部作品を販売しているサイトです。
  • あたん の あとりえ
    よくイラストを使わせて頂いている、あたんさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 再び登って即下山の山行 | トップページ | 今回も残念なキャンプ>_< »

2013年11月 2日 (土)

おニューのテントでキャンプへ♪

先日ひょうんなことから厳冬期でも使用可能なダウンシュラフ(寝袋)が手に入りました。

シュラフには使用する環境に応じて使用可能温度のランクがあり、この度手にしたのは少し着込めば普通に寝られる時の気温が‐16℃以上、シュラフの中に潜り込んで歯を食いしばれば何とか一夜を過ごすことのできる(早い話凍死を免れる)最低限界温度が-25℃と言うかなり上級のクラスです。
3千メートル級の雪山の中でも使用できる性能だと思います。
手にした時は涙が出るほど嬉しかった~
 
以前から冬の山でもキャンプできる道具を揃えていきたいと思っていたのですが一度に全てを揃えるのは到底無理で、テント、シュラフ、ザックのうちどれから揃えていこうかと悩んでいたのですが、この度高級なシュラフが手に入ったので思い切って新しいテントを購入しました。
これまで使っていたテントは20年前に購入したもので、もうシームテープも剥がれて雨の日には使い物にならないものだったので、天気予報を見ては絶対雨が降らない日を選んでキャンプに行っていたような状態でした。
当然これからの時期は夏用のシュラフでは到底夜寝ることさえ出来そうもなかったですし
 
この度冬用のシュラフも揃い新しいテントも買ったので11月に入ってすぐの連休にキャンプに行ってみようと思い立ちました。
日曜日は雨の予報になっていますが、その雨ももし降ればいい機会だから一度経験しておこうと思っています。
 
今回購入したテントは一応2人用ですが寝室とは別に前室がとても広く、もっと言えば前室にもう2人寝られるぐらいの広さがあります。
P1020216
収納袋自体けっこう大きいです。
 
持ち手も丈夫に作ってあります。
P1020217
 
 
付属品です。
ロッドが3本、アルミのVペグが20本、補修用のパーツも色々入っていました。
補修部品としてシートの生地や張り綱はともかく、ファスナーの部品も大小各種入っていたのにはちょっとびっくりです。
P1020222
 
そして付属品を収納する袋も秀逸で、各パーツごとに収納する位置が分けられており、それぞれにファスナーで閉じられるようになっていて他に汚れが移ることがないように作られています
P1020225
 
P1020223
 
その代りこのテントは本体と付属品一式の重さが4Kgほどあり、普通の市販されている二人用のドーム型のテントの倍近い重さがあります
ザックに入れて持ち運ぶにはかなり根性がいりそうです
 
 
今回のキャンプは土曜日からの予定ですが、日曜日に雨が降ると雨の中で撤収をする気にはならないので、もしかしたら2泊になるかもしれません。
そのため食料は余裕を見て土曜日のお昼から月曜日のお昼までの分プラスαを用意しておきました。
もちろんおやつも入れておきます
P1020219
これを全部食べるわけではありませんが、一応その時々で選べるようにいろんな種類を入れておきます。
 
テント設営とテント内で過ごすための道具類です。
P1020220
 
前のキャンプの時に無くてちょっと寝難かったので、携帯型のエアピローも用意しました。
P1020226
この枕は持ち運ぶときは小さく縮ませられますが、袋から出して空気弁を開いておくと自然にエアが入って膨らみます。
膨らみが少ないと思えば口で空気を入れて膨らませることもできるし、入れ過ぎたと思えば頭を載せて空気弁を開けば簡単に自分に合った高さに調整できて便利です。
普段家で寝る時もこれを使用しています
 
空気を抜いてペッちゃんこにして収納袋に入れた状態です。
P1020227
直径8cm、長さ30㎝ほどに収まります。
 
もちろんクッカーやバーナー、ランタンなど他の道具類はいつも通り持参します。
最悪2泊3日のテント泊になるので着替えなどもそれなりに準備していきます
 
 
実際にテントを張った時の状態や使用感、食事の内容などはキャンプから帰ってレポします。
さてどんなキャンプになるかな
 
 

« 再び登って即下山の山行 | トップページ | 今回も残念なキャンプ>_< »

キャンプ、テント泊」カテゴリの記事

コメント

I am happy to locate your distinguished way of composing the publish. Now you make it simple for me to realize and employ the principle.
acheter nintendo 3ds xl http://ds-3d-xl.greatbyeight.net

I desire to read this kind of things.Many thanks for the post.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おニューのテントでキャンプへ♪:

« 再び登って即下山の山行 | トップページ | 今回も残念なキャンプ>_< »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール送信

  • お問合せ